本日の 一般ネタ ネタランキング

【画像】「妖怪人間ベム」放送50周年、ギャグアニメで復活キタ━━(゚∀゚)━━!!

ニュー速クオリティ
1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/08/12(土) 08:07:37.22 ID:CAP_USER9.net
放送から50周年を迎える怪奇アニメ「妖怪人間ベム」が、ギャグアニメとして復活する。
新作の「俺たちゃ妖怪人間」が、10月からTOKYO MXなど全国で放送。
おなじみのベム、ベラ、ベロの3人が登場する。

1968年にテレビ放送され、「早く人間になりたい!」のセリフで人気を誇った作品。
人間になろうとする妖怪人間の苦悩を描き、何度も再放送されては子供たちの心をつかんできた。
10月に放送50周年の節目を迎え、改めて作品に光を当てるプロジェクトが始動。
オリジナルの68年版、06年版とともに、新作「俺たちゃ…」が放送されることになった。


「俺たちゃ…」は妖怪退治のないギャグアニメ。
設定は現代で、舞台は東京・新宿の歌舞伎町にそっくりな「歌魔羅(かまら)町」。
ベム、ベラ、ベロは、ホストクラブで働いたり、コミケで同人誌を売ったりと、現代人の生活を経験しながら人間を目指す。
下品なギャグや社会風刺もたっぷりで、プロデューサーは「現代にこの3人がいたとしたら、どのような生活を送るのだろうという発想で作った」と話す。

キャラ設定は原作を踏襲しつつ、ギャグアニメという内容に沿った形に変化。
ベムはバカ真面目、ベラは人間嫌いの姐(ねえ)さん、ベロはお調子者の金欲小僧。
声はベムを杉田智和(36)、ベラを倉科カナ(29)、ベロを須賀健太(22)が担当する。

倉科は初のアニメ声優で「声優デビューをちょっと下品で、ゆるい感じの作品にささげられ、心の奥底ではとっても光栄に思っています」と話した。

新作は50周年プロジェクトの第1弾。
今後もさまざまな企画が用意されている。

画像:「妖怪人間ベム」が放送されてから50年。ギャグアニメ「俺たちゃ妖怪人間」として復活





http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/12/kiji/20170811s00041000422000c.html



引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502492857/

続きを読む
ページトップへ

最新の一般ネタRSSニュース

山梨・石和温泉で車に銃弾 抗争事件か

30日午前、山梨県笛吹市の石和温泉で、数人が乗った車に銃弾が撃ち込まれ、警察は暴力団と分裂して出来た団体の抗争事件とみて調べています。 30日午前10時前、笛吹市石和町のJR石和温泉駅付近で、「拳銃の発砲音のような音がした」と警察に通報がありました。 警察によりますと、走っていた車に銃弾が撃ち込まれたという目撃情報があり、近くに止まっていた乗用車から弾の痕が複数見つかったということです。 乗用車には、暴力団から分裂して出来た団体の幹部数人が乗っていましたが、けがはありませんでした。 警察は、暴力団と分裂して出来た団体の抗争事件とみて調べています。 石和温泉周辺は、年間170万人余りが訪れる観光地で、連休の間に当たる30日も、JR石和温泉駅には多くの観光客がいましたが、現場は駅から南に200メートルほど離れた住宅や店舗が並ぶ地域で、けが人などはありませんでした。 山梨県内では、暴力団と分裂して出来た団体の対立が背景にあるとみられる発砲事件が去年11月以降、30日を含め17件発生していて、警察が警戒を強めています。

皇太子ご一家 学習院幼稚園式典に

学習院幼稚園が、戦後、再開してから50年になるのを記念する式典が、皇太子ご一家も出席されて開かれました。 学習院幼稚園は、明治時代に華族の子どものため設立され、戦争でいったん廃園になりましたが、50年前の昭和38年、翌年の皇太子さまの入園に合わせて再び開園し、長女の愛子さまや、秋篠宮さまなど、皇族方が通われてきました。 26日午前、東京・目白の学習院で開かれた記念の式典には、皇太子ご夫妻と愛子さまも出席されました。 今月、11年ぶりの外国公式訪問を終えてオランダから帰国した雅子さまが、外出を伴う本格的な公務に臨むのは初めてで、2階の客席から式典の様子をご覧になりました。 式典では、皇太子さまが卒業生らを前に「学習院幼稚園がすばらしい幼児教育の場としてこれからも発展し、子どもたちにとって楽しい幼稚園であり続けることを願います」とあいさつされました。 宮内庁などによりますと、雅子さまは、疲れは残っているものの変わりなく過ごし、先週には、皇太子さまと外国大使公邸での夕食会や都内の博物館に出かけたほか、お住まいで外務省の職員から国際情勢について説明を受けるなど、公私にわたる活動に取り組まれているということです。

アダルトのネタ