本日の 一般ネタ ネタランキング

【動画】 海外で 「ナチスドイツ」 の腕章を付けて街を歩くとこうなる!!

ひろぶろ
ナチの腕章男を追跡したtwitterラー
アメリカ・シアトルにて、何故か「ナチスドイツ」のカギ十字(スワスティカ)のマークが入った腕章を付けて歩いていた男をとある黒人男性の仲間が発見。そのまま追跡して対話を求めてみた??動画。ネオナチ気取りだったのでしょうか?まあ、自業自得です。

続きを読む

100キロのデブが2週間で40キロ走った結果wwwwww

ニュー速クオリティ
1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/07/20(木) 07:24:25.26 ID:ID:3MznCxbg0.net
102キロ→103キロ


終わりやね…




引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1500503065/

続きを読む
ページトップへ

最新の一般ネタRSSニュース

原発防災見直し 4割の自治体が終わらず

おととしの原発事故を踏まえて、今月18日をめどに原発から30キロ圏内にある自治体が見直すことになっている地域防災計画についてNHKが尋ねたところ、「見直しが終わらない」と答えたのは、40%に上ることが分かりました。地域防災計画は国の防災指針が前提となっていて、自治体からは、指針の見直しをした原子力規制委員会に対し、作業の遅れや説明の不足を批判する意見が相次ぎました。 NHKは、今月18日をめどに見直すことになっている地域防災計画について、原発から半径30キロ圏内にある道府県と市町村のうち、福島県内の一部を除く149の自治体にアンケート調査を行い、148から回答を得ました。 まず、防災計画の見直しが今月18日までに終わるかどうかを尋ねたところ、「終わる」と答えたのが46%となった一方で、「終わらない」と答えたのが40%に上りました。 このうち、国内で唯一運転中の関西電力の大飯原発を抱える福井県内では、県と市と町の合わせて13の自治体すべてが「終わらない」と回答しました。 「終わらない」理由を各地の自治体に尋ねたところ、「国の防災指針の改定が遅れ、県や関係機関とも調整を図るため間に合わない(福井県おおい町)」、「具体的かつ実践的な計画を盛り込む必要があり、見直しには相当時間を要する(福井県高浜町)」、「国の指針では、住民避難などで従来と大きく異なる仕組みが取り入れられているが、詳細が示されていない(静岡県森町)」と、防災計画の前提となる、国の防災指針の見直しをした規制委員会を批判する意見が相次ぎました。 背景に、規制委員会が先月まとめた指針の見直しが当初の予定より1か月遅れたことがあるほか、規制委員会の説明不足を訴える声もありました。 また、防災計画の中で残された課題について複数回答で尋ねたところ、▽最も多かったのが、「高齢者など要援護者の避難支援」で59%、▽「避難の交通手段」が50%、▽「ヨウ素剤の対応」が45%となりました。 理由や具体的な問題を尋ねたところ、「要援護者は避難先の施設や病院との調整が必要で、1自治体で決められない(長崎県松浦市)」、「町民すべてが移動するための交通手段の確保が難しい(北海道倶知安町)」、「ヨウ素剤の配布や服用の具体的な手順などで未定なものが多い(石川県輪島市)」、といった厳しい現状を訴える意見が相次ぎました。 原子力規制委員会は、防災態勢の整備を、原発の運転再開の大前提としていますが、自治体からは、防災計画の実効性を疑問視する声も少なくなく、今後、国と自治体が協力し、住民を守る視点での防災計画の具体的な検証が求められます。

ヤンキース 指名の加藤と契約

大リーグのドラフト会議でヤンキースから2巡目で指名されたアメリカ在住の18歳、加藤豪将選手が19日、契約を結びました。 加藤選手は日本人の両親のもとアメリカで生まれ育ちカリフォルニア州の高校を卒業したばかりの18歳です。 今月初めのドラフト会議でヤンキースから2巡目で指名され、フロリダ州タンパにあるチームのキャンプ施設で健康診断などを受けていました。 加藤選手は19日朝、ヤンキースと契約結び、早速、傘下のマイナーチームのキャンプに加わって初めてヤンキースの一員として練習しました。 加藤選手はルーキーリーグからスタートしメジャーを目指します。 加藤選手は「イチローさん、黒田さん、松井さんが身に着けたユニフォームを着ることに重みを感じます」と決意を新たにしていました。

アダルトのネタ