本日の 一般ネタ ネタランキング

極楽とんぼ加藤浩次さん、レーシック手術失敗、お先真っ暗

働くモノニュース
元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1507504266/
1 :名無しさん@涙目です。:NG NG ?PLT(12015).net

 
「レーシックやったって言ったじゃん。で、今、視力どんどん落ちてんのね。
昨日、病院行ったんだよ。 右目が0.9、左目が0.5で。

 両目1.5、1.5まで行ってたんだけど、どんどん下がってて。
ちょっと上げようかなって思って」

 日常生活にも不都合があるという。

「車、運転してても大丈夫なレベルなんだけど、夜とかテールランプが若干にじんで
見えたりするようになってて。クレーム入れてもう一回、行こうって思って」

 その後、どうなったのか。

「『ああ、だいぶ落ちてますね』って。0.9、0.5だって言われて。眼鏡作るときに、
丸い眼鏡かけて、そこにレンズ挟んでくのあるじゃない?

 レンズ挟んで、1.5、1.5になるわけ。『ああ、全然違うな』『すげえ見えるな』って思って。
もう一回、手術しようかなって思って」

 しかし、もう一度手術をするにあたって、医師からは「問題がある」と言われてしまったそう。

「『ちょっと、スマホ見てもらっていいですか?』って言われて、1.5、1.5にしたら、全然見えねぇの(笑)。

 今まで0.9、0.5だったから、左右違うわけじゃん。遠く見てるときは、0.9で見てんだって、
右目で。それで、スマホ見てるのは0.5だから、遠くは見えないけど、近くは見やすいわけよ」

 つまり、再度手術をすることで、老眼への対応が難しくなるのだという。

「1.5、1.5にしたら、もう手を50センチくらい離さないとスマホ見れねえよ(笑)。ってことはさ、
山本(圭壱)とかに『なんだよ、老眼きて。おれ、全然きてねぇわ』って言ってたじゃん。
きてたのよ(笑)。

 目の視力が左右違って、片方が悪いから、悪い方で見てるだけで、実は1.5、1.5にしたら、
全然見えない。この問題が出てくるんだってよ」
http://news.livedoor.com/article/detail/13722671/ 

 
11 :名無しさん@涙目です。:2017/10/09(月) 08:16:37.42 ID:ae/hzkpI0.net
単に老眼なんでしょ。

 
19 :名無しさん@涙目です。:2017/10/09(月) 08:17:43.23 ID:TY3Lp17n0.net
老眼なら受け入れろよ
 
 
14 :名無しさん@涙目です。:2017/10/09(月) 08:16:59.53 ID:fe7G80Fk0.net
有名人の手術で失敗したら洒落にならんから、手は抜いてないハズだよな

 
99 :名無しさん@涙目です。:2017/10/09(月) 08:50:34.03 ID:OkJUAqno0.net
>>14
そだよな
うまくいったら宣伝してもらえるし

 
31 :名無しさん@涙目です。:2017/10/09(月) 08:24:17.49 ID:HfsOshws0.net
48歳だろ?
ただの老眼だよ
ずっと両目1.5のやつでも近くが見えなくなる歳だっつの
 
 

今更ながら宇宙の広さに驚愕した

哲学ニュースnwk
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/09/10(日) 19:53:31.10 0
なんやねん135億光年って
車で何年かかるかで例えてくれないと現実味がないからわからない
アニメでなかなかやってくれないシチュ、表現、設定
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4767452.html
Hubble_ultra_deep_field 続きを読む
ページトップへ

最新の一般ネタRSSニュース

米原子力規制委 日本と定期協議へ

アメリカ原子力規制委員会のマクファーレン委員長は、東日本大震災による事故から2年がたった東京電力福島第一原子力発電所では、廃炉などに向けて多くの課題が残っていると指摘したうえで、日本の原子力規制委員会との定期協議の場を持ち、協力していく意向を示しました。 アメリカの原子力発電所の規制・監督に当たるNRC=原子力規制委員会のマクファーレン委員長は、12日、ワシントン郊外で会見しました。 この中でマクファーレン委員長は、事故から2年が過ぎた福島第一原発の現状について「去年12月、2000人を超える人たちが、がれきの撤去や使用済み燃料の取り出しに向けて働いている現場を見て、深い感銘を受けた。しかし、4基の原子炉が破壊され、津波の傷痕が残る現場にはなお膨大な作業が残っている」と述べました。 そのうえでマクファーレン委員長は、日米の原子力規制委員会が年に2回ほど意見を交わす定期協議を設けたことを明らかにし、「日本の規制当局と緊密な関係を維持していきたい」と述べました。 アメリカ原子力規制委員会の当局者によりますと、この日米の定期協議では、双方の原発の安全確保に向けて、技術面の情報交換や共同研究など、幅広い協力の在り方を話し合い、対応を優先させるべきテーマは作業部会を設置して検討を進めることにしています。

【記者のイチ押し】ブラジル発祥の武術「カポエイラ」 格闘技にダンス、…

 来月開幕のサッカーW杯や2年後の五輪開催を控え、ブラジルが注目を集めている。ブラジルの国技といえばサッカーだが、ブラジル発祥で世界に広く知られる武術が「カポエイラ(カポエィラ)」だ。2人が向かい合い、ぎりぎりのところで相手を避けながらキックや倒立などの技を繰り出す姿はダンスのようにしなやかで、芸術性も感じさせる。カポエイラを習得するのにはどうしたらよいのか、横浜市内で行われている練習をのぞいてみた。  週末の夕方、横浜市立仲尾台中(横浜市中区)のコミュニティーハウスの一室に入ると、白いTシャツとズボンに身を包んだ男女20人が円になり、打楽器のリズムに合わせて歌っていた。  カポエイラの流派の一つ「アバダカポエィラ神奈川支部」の矢作(やはぎ)フランク代表(38)が解説してくれた。「カポエイラはブラジルに連れてこられたアフリカの奴隷たちが始めた。彼らは練習をするとき、ダンスや遊びに見せかけるために楽器を演奏したり歌ったりしたんだ」。矢作さんがブラジルに住んでいたころは家族に内緒でカポエイラを練習していたといい、本場でも普及拡大には紆余(うよ)曲折があったようだ。  “ウオーミングアップ”が終わると、ストレッチや基本ステップ「ジンガ」の練習に移る。体全体を使って片脚をコンパスのように回す蹴りや低い姿勢で相手の攻撃を避ける応用動作は複雑で、見よう見まねですぐに実践するのは難しかった。  再び円になり、歌と演奏が行われる中で2人が組み手を行う「ジョーゴ(ゲーム)」が始まった。歌も即興なら輪の中に出てくる順番も自由。それでも演技同様、ぶつかることなく人が器用に入れ替わる。約30分間、休みなく行われたジョーゴを終えた練習生たちからは熱気と一体感が伝わってきた。

アダルトのネタ