本日の 一般ネタ ネタランキング

ページトップへ

最新の一般ネタRSSニュース

ブルワーズ青木 ノーヒット

大リーグ、ブルワーズの青木宣親選手は、17日のジャイアンツ戦に出場し、3打数ノーヒットで送りバントが1つでした。 試合は、ブルワーズが4対3でサヨナラ勝ちしました。 青木選手は、1番ライトで先発出場し、1回の第1打席はレフトフライ、3回の第2打席と5回の第3打席は、ともにセカンドゴロでした。 3対3と同点で迎えた8回の第4打席はノーアウト一塁の場面で送りバントを決め、勝ち越しのランナーを二塁に進めましたが、後続が続かず得点につながりませんでした。 青木選手は、3打数ノーヒットで送りバントが1つでした。

中韓北3か国、靖国参拝を非難…国連安保理で

 【ニューヨーク=加藤賢治】中国、韓国、北朝鮮の3か国は29日、国連安全保障理事会が開催した公開討論の場で、安倍首相の靖国神社参拝を非難した。  昨年12月26日の参拝後、3か国が安保理で歴史問題に関する批判を行ったのは初めて。  中国の劉結一国連大使は靖国参拝を「国連憲章に基づく戦後の国際秩序への挑戦にほかならない」と批判し、「安倍(首相)は戦争に対する評決を覆し、戦犯を擁護することを試みている」と主張した。韓国の呉俊国連大使も靖国参拝を批判した上で、いわゆる従軍慰安婦問題について、「韓日間で未解決の問題で、普遍的な女性の権利の問題でもある」と述べた。  北朝鮮代表も靖国参拝を「全く時代錯誤的な罪だ」と非難した。  安保理で歴史問題への言及は異例だ。  日本の梅本和義・国連次席大使は、靖国参拝は不戦の誓いのためで、A級戦犯を敬うものではないと反論、慰安婦問題は政治問題化すべきではないと主張した。 (2014年1月30日11時24分 )

アダルトのネタ